2019.08.30

経営者MS「倫理指導の威力」

一般社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー

松森 悦子

主 催 玉野・児島倫理法人会
日 時 2019年09月12日 (木)
時 間 06:00ー07:00
会 場 ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル

その他お知らせ

「今週の倫理」9月のテーマは親祖先への感謝。おやには感謝していると思っていても本当にそうだろうか?親の愛情やエネルギーはおおきく太陽の様に当たり前になっている。本当に親の有り難さを実感するのは親が亡くなった時。命の源の親に感謝しよう。新世誌も購読をお薦めする。 会長  磯野 英史

経営者MSの感想

16年前病死した主人の意思を継ぎ土木建設会社を経営する事になった。公共事業が激減し大変厳しい時代の交代だったが倫理のお蔭で現在まで事業を続けて来られた。私の所属する広島西法人会はここ3年でMS参加者が10倍になった。丁度私がスーパーバイザーになった頃、方面長から広島と福山で2日間、倫理指導の日を設けて欲しいといわれ、「徹子の部屋」ならぬ「悦子の部屋」を開設した。1日5~6人程の倫理指導をさせて頂いた。ある時末期ガンの人が相談に来られた。奥様にまず謝る。生活を夜型から朝型に、氏神様にお参りし完了形で祈る。明るく一点の曇りの無い心で生きよと指導した。今ではすっかり元気になった。又女性経営者からはどうすれば売上が上がるか等仕事の悩みを。そんな時は仕事の事はご主人にとアドバイス。などなど指導した私が驚く程の結果が続出。しかしそれは本人が心を添えた実践をしたからの結果。私自身も倫理指導を受けながら素直に実践せず後で大変後悔した思い出が有る。他事業に手を出し苦い経験も。苦しい時は栞を何度も読み返し気づきを得た。会員の特典である倫理指導を受けない手はない。悦子の部屋にもどうぞ♥ ~たまこじ便り9月98号より~